少し前に問題がどんどん消えていくアルケミアという本を買って読んだのですが、これがなかなかよい感じ。



こういうのは眉唾だったり、概念しか無いのが多いのだけど、これはきっちりと具体的な方法が書かれています。


骨格となるところはホントに数ページで終わるぐらいで、後は体験談とかで埋め尽くされているのだけど、その数ページに僕は価値を見出しました。


ただしく自分を捉えるということはかなり前から大事なことだと思っていて、客観的に自分を捉えて、改善するって人は苦手だと思うんですよね。


それが出来ない人は成長しない。


それに加えて、よりよい方向に導くようなこと。理屈では説明できないけど、結果としてそうなりやすい、といった方になるための具体的な方法が書かれています。


ただ、そういうのって、信じられるかどうかってとこもあって、ものごとを常に斜めからとらえる人や、問題は自分の外にあるといったことで出来上がっている人にはまったく意味のない本になる可能性が高いとも感じました。


僕はFX、アフィリエイト、健康、英語、といったこのサイトの主たるテーマで問題を抱えていて、それを克服して自分の目指すところに行くために日々活動しているのだけど、その問題を捉えて、改善するといったことに活用しています。


FXからやってみて、アフィリエイトもやりました。


実施自体は10分~30分ぐらいでできるので、他のも全部やってもいいのですが、自分への問いかけや、定着といった感じでは1~2週間ぐらいは空けないと落ち着かないので、ぼちぼちやっています。


リアルビジネスの問題にも活用しようとも。


問題は常に自分のこころの中にあるなーと感じる今日この頃です。

 → 問題がどんどん消えていく 奇跡の技法 アルケミア 誰にでもできて、すぐに効く