PUFAフリーの本を読んで、
結構な衝撃を受けて、
なるべくPUFAフリーを心がけて3週間たちました。






で、状況はどうかというと、
すこぶる好調です。


糖質オフをやっていたときの悩みであった、
急激な眠さとかそいうものがほぼ無くなりました


エネルギーが満ち溢れるという感覚はこういうものだったのか、
とかなり久しぶりの感覚なので、新鮮です。


今月、健康診断があるので、γGTPなど肝臓系の数値が
どのぐらい改善しているのか?


ものすごく興味をもっています。


というのも、
僕はもともと肝臓の数値がすごく悪くて、
なので、顔色もやや悪くて、
両親や姉も同じ傾向の数値が出るので家系だと思っていました。


確かに、弱い方だとは思うのですが、
単純にうちの食事はPUFA大量の食生活だった訳で、
それが多分に影響していたのではないかと感じています。


というのも、
ここ3週間だけですが、顔色がすごくよくなったからです。


まあ、この1か月だけで肝臓の数値が正常値まで収まるというのは
都合のよい期待かもしれないですが、
それでも、顔色がこんなに白い感じになるんだぁ、、、というのが
自分の感触なんですよね。


PUFAフリーを心がけるうえで以下のことをやってます。


 ・植物油(オリーブオイルも含む)は家では絶対使わない
 ・調理するときにはバターかココナッツオイル
 ・外食のときは油を使っていなさそうなものを極力チョイス
 ・コンビニは一切止める
   ※からあげくんも食べれなくなった。。。
 ・コーヒーには黒糖を入れて飲む
 ・白米は少しだけ取る
   ※できるだけ冷ごはんにしてレジスタントスターチ取るように



といった感じ。

これを徹底して実践するために、
夜のお誘いも極力断って集中して実践しました。


白米を復活させたり、
黒糖はかなり大量にとっていますが、
体重は一切増えていません。



少しずつ落ちていますが、
減り幅は大きくもないです。


それでいいとも思っています。


というのも、
PUFAフリーの本の崎谷さんの次の著書







を読んで、脂肪を急激に落とすことは
かなり危険
だということを知ったからです。


PUFAフリーを心がけるとともに、
良質な糖と良質なオイルをきっちりと取る、
ことをかなり意識してやっています。


それで、体にエネルギーが不足しないように、
脂肪分解に走らないようにしているのです。


今まで頭がぼーっとするとか、
妙に眠くなるとか、
そういった体のエネルギー欠如みたいな状態が
結構ありましたが、
それが無くなっています。


あれだけ昼寝が好きだったのに、
必要なくなってきて、
それはそれでちょっと寂しかったりします。


昼寝は気持ちいいですから。


ただ、一度飲みにいったのですが、
そういう場ってなかなか難しくて、
PUFAフリーできなくて、
疲れがドバっと出たりはしました。


より受け付けなくなってきています。


それでいいのですが。


良質な糖と良質なオイル
これが健康の要であり、
ここまでたどり着くのにえらい回り道をしてしまったし、
世の中結構うその情報まみれだから、
逆に不健康を増やしているようにも感じます。


さて、オイルですが、
MCTオイルを取っていて、
あと、良質なバターをよく使っているのですが、
それよりもココナッツオイルの方がいい、という
ことにもようやく気付けました。


なので、これからはMCTオイルも使いますが、
ココナッツオイルにシフトしていくことを考えています。


それはまた長くなるので、別でupします。