人が書いた文章って理解できないことが多かったりすることがよくあって、話を聞けばわかるけどというのもあるけど、そもそも自分の読み方・聞き方ってのもあるかとも思ってちょっと聞き方、読み方を工夫しています。


で、これか結構いいなーと思っているのでupしておきます。
ついで、自分の課題として改善している「生産性の向上=アウトプットの増大」についてもカテゴリ新設して、ちょっと自分が納得感でるまでは、記事上げていこうかと思っています。


で、前に学習の定義っていう簡単な記事書きましたが、人に教えるってことが自分の理解をすごく深める効果が高いということを書きました。


これはホントにホントで、人に教えるということするととっても理解が深まります。


でも、人に教えることばっかりじゃないし、人が話していることや、発表している資料、書いたものなどをもっと素早く自分に取り込みたいってのを前から思っていました。


イマイチ言っていることが分からないってことがよくあって・・・


で、どうすればよいかというと、人の書いた文章も自分の言葉に置き換えるということをすれば理解が結構すばやくできます。


往々にして、人はシンプルに表現できるものを、ものすごく説明していたり、尾ひれを付けたりしてしまいがちです。


だから分からないんですよね。。。


なので、単純に聞いているだけでは「何を言っているか分からない」って状態になるので、自分の言葉に置き換えていくことをするとなかなかよいです。


そうするとムダな部分は省けますし、きっちりと説明できていない、行間を飛ばしているところも気づくので、そこは自分の理解をもとに「xxxってこういうことですか?」という単純な質問を投げればよいです。


同じ会議にいる場の多くの人も同じように分かっていないので、そういうことができるようになるだけでも一目置かれたりします。


お試しあれー。