静かな水は深く流れる

激務なサラリーマンが、FX、アフィリエイトでどんだけ儲けられるか検証。あと、ダイエットと超絶元気な体を手に入れるための試行錯誤=検証とANAマイルを貯める方法とかも。

カテゴリ: (検証完了)MCTオイルダイエットで痩せれるか?

TVでたまたま見てはじめたMCTオイルダイエット(糖質オフダイエット)ですが、
結論から言うと

 ・すごく痩せられる
 ・けど、おススメしない


になります。

MCTオイルダイエットは飲むことで食欲を抑えることができて、合わせて糖質を徹底的に抜くダイエット方法なのですが、この糖質を抜くところが間違っているのではないかと強く感じたからです。


すごく痩せたのですが、

 ・髪の毛がすごく抜けた
 ・夕方に異常に眠くなる症状が出た

という2点の体の異常を夏ぐらいに感じました。


MCTオイルはココナッツ由来で、ココナッツオイル自体を取る方がいいのではないかと思い、MCTオイルを減らしてココナッツオイル主体に切り替えたことと、そもそも、糖質をとらないと体のエネルギー源が枯渇してしまい、やっぱりそれはそれで体にとって危険な状態と判断されるんだと身をもって感じたからです(いわゆるケトン体質、ケトン体がエネルギー源になるっている体の仕組みですが、それだけにするような食生活って逆に体にとって超危険な状態になっちゃう)


だから、髪の毛に栄養を回さなくなるし、異常な眠さも出たのだと思います。


そこから、ココナッツオイル主体とし、黒糖、はちみつなどを中心に糖質もしっかりonし、白米を少しずつ戻し、といった感じで今に至ります。


体重は戻っていません。


というのも、ココナッツや黒糖・はちみつなどで糖質をonしだしてから、いろいろと調べる中で、パレオな男さんのサイトを参考にするようになっており、加工食品やパン、麺などの小麦をなるべく取らないようにしています。


白米は量はたくさんはダメだけど、少しはok。
などなど。


なので、カテゴリーの「MCTオイルダイエットで痩せる」は一旦検証終了で、痩せるけど危険だよねってことでclose。


次は「健康的に痩せて、エネルギー満タンな生活をする」ぐらいなカテゴリ起こして、引き続き検証をします。


体重は68kg→61kgになっており、引き締まってもきました。顔のツヤもよくて、髪の毛もコシがすごく出ています。


睡眠の質も高めていて、いろいろなことのパフォーマンスも高まっているし、なので、もともと求めていた、質の高い生活をするための体の土台が整ってきていると感じています。


まだまだ足りないところも多いし、常にいろいろと変化するから、常に検証は必要なのだけど、少しずつそうやって上げていって、ハイパフォーマーにドンドンなっていきたいとも思っております。


MCTオイルダイエットから始まったのだけど
今は

 ・PUFAフリー
 ・ココナッツオイルを取る
 ・炭水化物は減らす
 ・黒糖、はちみつは積極的に取る


といった点を重視してやっています。


体はなかなか好調で、
前よりもエネルギーに満ち溢れているという点が
よいところだと思います。


糖質オフのときは、
耐えがたい眠さがありましたし、
毛もかなり抜けました・・・


そんな中でPUFAフリーのやり方ですが、
自分なりに工夫してます。


僕は激務の仕事をしているので、
外食を避けるといったことはできませんし、
自炊もほぼ不可能です。


そんな中でどうやってPUFAフリーをするかですが、
植物油を徹底的に避ける、加工食品を避けるが
基本
になります。


なので、

 ・揚げ物は食べない
 ・煮る、焼く(鉄板、網焼き)を中心にする


になります。


一番いいのは鍋で、
肉と野菜がバランスよく取れますし、
出汁を工夫すればおいしい。


外食の場合もやよい軒など、鍋メニューが充実している外食チェーンもあります。


そういうのをうまく活用して、
徹底的に油を避けます


もちろん、避けれないときもあるのだけど、
それはしょーがない。


次に加工食品を避けます。
大体植物性油脂が入っています
し、
そもそも体によくない。


一番顕著なのが

 ・スナック菓子

です。


それ以外にも油揚げとか
油を使っているものは当然ですし、
原料が想像できず、その形にするために、
いろいろと仕組まれているものも外します。


ウィンナーとかもです。


そうやって、肉、野菜のナチュラルな状態から、
煮る、焼く(網焼き、鉄板焼き)の調理されたものを
チョイスします。


鍋とかステーキなど
メニューは偏っていく傾向がどうしてもでてしまいますが、
PUFAを取るよりは全然よい。


そんな感じです。


とにかく、徹底的に植物油を避ける、
加工食品を避ける、です。









PUFAフリーの本を読んで、
結構な衝撃を受けて、
なるべくPUFAフリーを心がけて3週間たちました。






で、状況はどうかというと、
すこぶる好調です。


糖質オフをやっていたときの悩みであった、
急激な眠さとかそいうものがほぼ無くなりました


エネルギーが満ち溢れるという感覚はこういうものだったのか、
とかなり久しぶりの感覚なので、新鮮です。


今月、健康診断があるので、γGTPなど肝臓系の数値が
どのぐらい改善しているのか?


ものすごく興味をもっています。


というのも、
僕はもともと肝臓の数値がすごく悪くて、
なので、顔色もやや悪くて、
両親や姉も同じ傾向の数値が出るので家系だと思っていました。


確かに、弱い方だとは思うのですが、
単純にうちの食事はPUFA大量の食生活だった訳で、
それが多分に影響していたのではないかと感じています。


というのも、
ここ3週間だけですが、顔色がすごくよくなったからです。


まあ、この1か月だけで肝臓の数値が正常値まで収まるというのは
都合のよい期待かもしれないですが、
それでも、顔色がこんなに白い感じになるんだぁ、、、というのが
自分の感触なんですよね。


PUFAフリーを心がけるうえで以下のことをやってます。


 ・植物油(オリーブオイルも含む)は家では絶対使わない
 ・調理するときにはバターかココナッツオイル
 ・外食のときは油を使っていなさそうなものを極力チョイス
 ・コンビニは一切止める
   ※からあげくんも食べれなくなった。。。
 ・コーヒーには黒糖を入れて飲む
 ・白米は少しだけ取る
   ※できるだけ冷ごはんにしてレジスタントスターチ取るように



といった感じ。

これを徹底して実践するために、
夜のお誘いも極力断って集中して実践しました。


白米を復活させたり、
黒糖はかなり大量にとっていますが、
体重は一切増えていません。



少しずつ落ちていますが、
減り幅は大きくもないです。


それでいいとも思っています。


というのも、
PUFAフリーの本の崎谷さんの次の著書







を読んで、脂肪を急激に落とすことは
かなり危険
だということを知ったからです。


PUFAフリーを心がけるとともに、
良質な糖と良質なオイルをきっちりと取る、
ことをかなり意識してやっています。


それで、体にエネルギーが不足しないように、
脂肪分解に走らないようにしているのです。


今まで頭がぼーっとするとか、
妙に眠くなるとか、
そういった体のエネルギー欠如みたいな状態が
結構ありましたが、
それが無くなっています。


あれだけ昼寝が好きだったのに、
必要なくなってきて、
それはそれでちょっと寂しかったりします。


昼寝は気持ちいいですから。


ただ、一度飲みにいったのですが、
そういう場ってなかなか難しくて、
PUFAフリーできなくて、
疲れがドバっと出たりはしました。


より受け付けなくなってきています。


それでいいのですが。


良質な糖と良質なオイル
これが健康の要であり、
ここまでたどり着くのにえらい回り道をしてしまったし、
世の中結構うその情報まみれだから、
逆に不健康を増やしているようにも感じます。


さて、オイルですが、
MCTオイルを取っていて、
あと、良質なバターをよく使っているのですが、
それよりもココナッツオイルの方がいい、という
ことにもようやく気付けました。


なので、これからはMCTオイルも使いますが、
ココナッツオイルにシフトしていくことを考えています。


それはまた長くなるので、別でupします。







MCTオイルを使った糖質オフダイエットで7kg痩せたけど、
やっぱり、無理な糖質オフは間違いだと思うようになっています。
炭水化物をかなり減らすはそのままなのですが


良質な糖質+飽和脂肪酸(MCTオイルも)をとることを意識し、
植物油で揚げたものとかを意識して遠ざけることでどのように健康が維持できるか検証を続けてみようと思います。


バター、牛脂、ココナッツオイル、MCTオイルなど良質な油をとることに注力します。もちろん、オリーブオイルとか、良質なオメガ3系油はときと場合に合わせて使いますが。


何が正しくて何が正しくないかは微妙なところが多いとやっていて感じます。医師と呼ばれる人たちも基準がそれぞれで、真っ向から対立する意見も多い。


糖質オフ(ケトン体)もそれにあたる。


ケトン体質は危険と指摘する医師も存在します。


今の世の中、情報が錯綜していて、何が正しくが分からなくなります。
こと健康に関しては正しい情報がとても分かりにくく、個人の体調や生活習慣などによっても左右されるところもあるかと。


だから、僕のサイトで書いていることが真実だ、なんて言うつもりは最初からさらさらないし、当然ながら医師でもないです。


僕は僕の目的を達成するためには高パフォーマンスをし続ける肉体が必須で必要で、それを求めているだけに過ぎないですので。


68kg→61kgなど結果は出ていますが、ことパフォーマンスに関してはまだ道半ばだと思っています。MCTオイルをとることで脳内のエネルギー補給がかなりよくなるため、生産性はかなり上がっています。


でも、前にもちょっと書いたように、午後に眠い。なんか足りていない。


で、意識的に糖分を取るようにしたらかなりよくなった。


糖質オフ=間違いなのでは?


いい糖質は必要なのではないか、これが今のところの僕の答えなので、それで検証をすすめます。


常に体に対して注意深く観察して、それが正しいかを判断するようにしています。
ちょっと油断した食事をしているだけで、体はむくみますし、僕の場合はすごく眠くなる。逆にうまくいっていると1日中動いていても元気。


ちょっと元気だと油断してもとの悪い習慣に引きずられるから、その辺が改善点。


油断しているとやられる


これにつきますので。


何はともあれ、バターと良質なMCTオイル、はちみつ、黒糖あたりを中心に生活することで、どれぐらいのハイパフォーマーになれるか引き続きがんばります。






MCTオイルには確信があって、
自分の体を通しても確証に近いほどの効果を感じています。


体重も7kgほど落ちているし、
体も比較的元気だし、間違いない、と。


でも、ここ1~2ヵ月ぐらい、午後の少し過ぎたところで
眠気を感じることが気になっていました。


体の中のエネルギーが足りていないのかと・・・


もともとシリコンバレー式ダイエットの本を読んだときに、
バターとMCTオイルという飽和脂肪酸を強くすすめていて、
最近読んだPUFAフリーの本においても飽和脂肪酸をすすめていて、
不飽和脂肪酸の弊害についてかなり強く書いていました。


もともと、MCTオイルは炭水化物=糖質をオフにするために
お腹を減らさないために飲むものだと自分なりに解釈したのですが、
実はそれはちょっと間違いで、体にはかなり糖質が必要で、
はちみつなどの良質な糖質をとることが重要なのではないか、と。


つまり、


 良質な油をとる & 良質な糖質をとる & タンパク質をとる


が正解ではないかと。


今までは

 
 MCTオイルを飲む & 糖質オフ & タンパク質をとる


でした。


MCTオイルを飲む=良質な油をとるなので、変わるところは
糖質オフと良質な糖質をとるというところです。


また、良質な油を取る=グラスフェイドバターも入っています。


このあたりがポイントかと。


最近、意識的に良質な糖質(はちみつor黒糖)をとるようにしていて、
前より量を増やしています。


体のエネルギーは前よりも高い。


もちろん、これで太ったりしたら意味がないし、
今、自分の中での仮設を変更しているところなので、
自分の中での正解ではまだない。


そういう前提がある中での状態ですが、
こういう変更かけるときって、それはそれで、
確信に近いものもあったりします。


そうでないと変更しないし。


コーヒーを飲むときに

 ・はちみつをティースプーン2杯
  or 
  ティースプーン2杯程度の黒糖

をとるようにしています。


毎日かなりの量のはちみつをとっていて、
これが体が欲するのでほんとにおいしい。


ちょっとコーヒーはあまり入らないときが多いかったのだけど、
はちみつを入れるとガンガン飲める。


体が欲するもの=体にいいもの


という訳ではないけど、注意深く体を観察して、


体が欲するもの=体にいいもの


というところを間違わないようには気をつけています。


今の量もひょっとしたら取りすぎかもしれないし、
そうでないかもしれない。


何事にも正解はないし、
こと健康に関しては少しずつ変化を与えながら
自分なりにしっくりするところを探しあてないといけない。


すり合わせの技術が必要なんですよね。


まあ能書き言うよりも実証ということで、
少し前提を変えて取り組みます。


ちなみに僕が使っているもの上げておきます。


■MCTオイルはこれ一択
※ずっとこれ使ってます




■はちみつはこれ一択
※写真のは容量多くてお得なもの
 これより小さいサイズもあります。
 国内100%で、大きいサイズだと最後の残りでロスするのも
 少なくなるので、おススメです




■グラスフェイドバターは次の2択
※まずは無難な1kgのやつ。100%グラスフェッドじゃないけど、気にするほどではないのでお勧めです。
ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍


※安く済まそうとおもったらこの5kgを勧めます
※でも切るのがすごく大変



とうとう体重も61kg台をキチンとつけはじめました。
7kg減って、あと3kgです。


MCTオイルと炭水化物オフはかなり効果があることは分かりました。


でも2つ悩みがあって、


 ①抜け毛が増えた
 ②なんだか午後が眠い


というのがあります。


それぞれに対策しているのだけど、
①抜け毛から。


どうも急激に体重が落ちると体の防衛本能から髪の毛に栄養が回らないらしい。それが一番の理由。でも、前から体が少し固い、頭皮が固い、などなどの問題はありました。


脂漏性皮膚炎でもありフケも多くてという状態でした。


まず、脂漏性皮膚炎は「はちみつピーリング」をやることでよくなりました。


定期的にやらないと復活してくるので、それはある程度しょうがないこととして諦めて、取り組んでいます。


次に抜け毛、
これは、シャンプーの仕方を変えたり、体のマッサージ、頭皮を揉み上げるようにマッサージし、改善できてきています。

要するにこの動画。




②なんだか午後眠い

これに関して、正直、今の取り組みが正しいのか悩むところとなりました。


MCTオイル+糖質オフで痩せることはできたけど、体が絶好調という訳ではない。


特に、午後の眠気があるということは、それだけ体にエネルギーが足りていないということだと理解しています。


状態がよくない = 今やっていることがよくない


健康って自分をよくよく観察して、問題があれば改善していくしかないと思います。


xxxx法がいい、みたいなものを盲目的に信じるのは危険なので。


で、MCTオイルは脳の活動エネルギーに使われて、お腹も空かなくなる、
そういう意味ではとてもいい方法だと思っています。


飽和脂肪酸というところもいいです。


糖質オフですが、ここが少し改善点かな、と今感じているところです。


午後が眠いから、何かがうまくいっていない=糖質オフがうまくいっていない、ということだともおもんですよね。


痩せるは痩せますが。


で、いろいろ調べていて、一冊の本にたどり着きました。
それがPUFA(プーファー)フリー。





要するに、不飽和脂肪酸がアルデヒドを生成して体にとってよくないということ。


MCTオイルやグラスフェイドバターを取り始めて、油についていろいろと気になっていましたが、ポイントは油であって、過度の糖質オフではないのではないかと。


逆に体にとってある程度の糖質は必須ではないのかと。


最近はコーヒーにはちみつを入れるようにして、かなり意識的に良質な糖質を取るように変えていっています。


そうするとコーヒーがうまいし、体も喜んでいるのが分かります。


変な疲れも減りました。


なので、


  ある程度、糖質はとっていかないといけないのではないか


というのが今僕の中で新たなテーマになっています。


もちろん、糖質といっても、様々で、
良質なものをきっちりとっていかないといけないから、
引き続き炭水化物系はかなり制限しています。


でも、昼に変な揚げ物をたべるよりは、
ある程度量は抑えた炭水化物とMCTオイル+はちみつ入りのコーヒーとかの
方がいいかも、とも思ってきています。


それに変え始めて1~2週間たちますが、
体重は一旦止まっていたものが落ち始めました。


体も異常な眠さがでていたころよりもよくて、

 今の状態から鑑みると、改善できている

ということになります。


なので、引き続き、この方向性でやってみようと思います。


PUFAフリーについてはまだまだ読んだばかりであって、
自分の中で消化しきっていないですが、
いわゆるケトン食、ケトンダイエットは否定しています。


人間には糖が必要だと。


そのあたりは実践を通じて、自分なりのかたちをつくっていこうと思います。






今年68kgから始まった体重はMCTオイルダイエットによって、
62Kg台へ突入しております。


いろいろうまくいかないこともあるんだけど、
すこぶる順調。


でも、炭水化物オフにしている割には最近減らない。


ということで、いろいろ調べてみました。


結論は検証してみないと分からないのだけど、
どうやら良質なバターはやっぱり採るべきみたい。


バターを取ると糖質オフダイエットで痩せなくなっても、
また痩せることができる、とのこと。


シリコンバレー式のバターコーヒーの本からスタートし、
何となくバターを止めましたが、
ここに来て、またバターにぶち当たりました。


少しずつバターを取り入れてみて、
また痩せ始めることができるのか検証します。


僕の目標は58kgの細マッチョなので、
あと5kg弱。


年内には到達したいです。


あと、60kgを1回でも切ったら、
オーダーのスーツ買いに行きます。


そういうモチベーションを持たなくても、
自然と炭水化物を止めることはできるんだけど、
一応Goal=ご褒美はしっかりと決めておかないと、と。






MCTオイルに体がなじみ、
炭水化物を取らなくてもストレスも無い状態になったので、
抜けるところは全抜きしています。


体も軽く、引き締まった体になってくるし、
頭はスッキリするから仕事がはかどって、
いいことだらけです。


問題点は皆と炭水化物系の店に行くときに
やや面倒だということぐらい。


うどんや、ラーメン屋など炭水化物しかない店に行くときは
付き合いもあるので行きます。


その場合は半分ぐらい食べて残しますね。


それぐらいです。


無理しない、継続できないことはしない、
常に検証、状態を正しく把握する、
こういったことを意識して取り組んでいますが、
今の生活パターン、食生活はかなりフィットしていると
思うのです。


客観的に体に表れている変化などからそう判断し、
思い込みでは判断しないように気をつけています。


これはダイエット関連だけでなく、リアルビジネス、
FXなどなど、すべてに言えます。


状態を正しく把握することが出来なければうち手も打てないですし、
そこがスタートだと思うんですよね。


まず、感情を挟まずに状態を正しく把握する。


これが最大のノウハウでないかとも感じます。


それはさておき、
継続することが最大の価値であるため、
感情を挟まずに、自分がやると決めた習慣を守り、
定着化させるようにします。

今は僕の人生において今が一番太っていて、
ヤバイ状態なのでダイエットしようと思っている訳ですが。


ちょっと落ち着いて考えてみると
今まで上手くいっていないことが急に上手くいく、
なんて都合のいいことってないと思うんです。


僕の場合はもう15年ぐらいこのテーマに取り組んでいて、
5年ぐらい前は比較的にいい線までいってましたが、
結局仕事が忙しくなると太ってしまう・・・


炭水化物の欲求というのを抑えられないんですよね=


で、この間空港で飛行機に乗るときに、
暇だったので何か本でも買っていくか~と思い本屋に寄りました。


この本が棚に並んでいてベストセラーってなっているんですよ。



なんか怪しい!
まあ、また続かないものだろう。


ちょっと手に取って、さらっとみて、
訳も雑そうだし無いなーと思ってそのときは棚にもどしました。


2週間後ぐらいに空港で本を探していて、
またこの本を手に取りました。


そのときは時間がなかったし、なんでもよかったので
とりあえず買って読んでみるか~ぐらいで購入しました。


飛行機や移動中は結局寝てしまうことが多いから
なんとなく最初の方だけ読んで、ぐらいでしたが、
最初から著書の経験値というかこのテーマにかける意気込みが
違い過ぎてビビりました。


僕もいろいろやってみているけど、
全然科学的ではない・・・


で思ったこととして、


 僕は何となくダイエットしているだけであって、
 何か自分の中に芯や確信がある訳ではない・・・


ということ。


だから成功しないんですよね。
FXもそうですが。


人間の本質的なところが甘いんだと思いますし、
やっているつもり・・・ということが多すぎる。


なんだか自分に対して悲しくなりましたが、
2017年はそういうところを改善することがテーマですし、
だからこのブログを自分の戒め的に立ち上げている訳なので、
悲しんでいる暇はない!


ということで、自宅で熟読しました。


大枠の感想として

①朝食を完全無欠コーヒーに置き換えるのは出来そう&効果ありそう
②野菜をいっぱい取ることも、ある程度は取り入れられそう
③その他書いてある食事は結構ムリ

ということ。


日本で働くサラリーマンとしてできることは限られるし、
そもそも欧米人と違うところもあると思っています。


また、人それぞれ体調、体質など異なるでしょうし、
生活スタイルもそれぞれ。


合わせ方はそういった面の考慮も必要だと思います。


激しく体力を使う肉体労働の人がバターコーヒーだけで
持つのか?


などなど。


なんでもそうですが、完全に真似できないから意味がない、
と感じ、攻撃する人がいますが、それはそれで違うんですよね。


取り入れられる良い点を自分なりに工夫しながら取り入れて検証する、
そして良ければそれを根付かせる。


そういった姿勢が大事だと思うんです。


で、何を取り入れるかというと


・朝食をバターコーヒーだけにする
・野菜を多く食べる
・炭水化物は若干少なめにする(ちょっと残す)


この3点のみです。


後は今は無理。


出来ることとできないことはキッチリと割り切って進む。


なので、バターコーヒー生活を始めています。大体1週間ほどたちましたが、
具体的な実践方法は別途記事を起こしていきますね。


効果があるかないかも含めて。


 

↑このページのトップヘ