静かな水は深く流れる

激務なサラリーマンが、FX、アフィリエイトでどんだけ儲けられるか検証。あと、ダイエットと超絶元気な体を手に入れるための試行錯誤=検証とANAマイルを貯める方法とかも。

カテゴリ: 検証中:PDCAサイクルはどうやったら回るか

前々からPDCAサイクルを回さないといけない!
とかっこいいこと書いていて、で全然回っている感じなくて、
PDCAサイクルの書籍を多読しました。


といっても数冊ですけど。



↑この本は孫社長に乗っかりすぎてて、
あまり入らなかった。




↑これもちょっと難しいというか
煩雑に見えて分かりにくい。
PDCAを早く回すのは大事ということはよくわかりました。




↑シンプルで分かりやすい本。
毎日PDCAを回せば成果があがる、という本かな。
今までの中では一番役には立ってます。実戦はしていませんが。



↑買ったけど読めていない。
ちょっとみたら教科書的でまだそういう本はそのフェーズで役にたつから、今は
実績集中に集中しよう。


あと、マンガで何ちゃらーみたいなシリーズのPDCA本とか
とにかく乱読しました。


で、思ったんですが、
PDCAサイクル回すことを意識すると回らないんじゃいかと思いましたよ。


よくよく考えてみると自分にいくつも出来ていない部分があって
それを改善していると必然的にPDCAなんて回るから
あえて意識して回そうとしなくてよいとも思ってます。


というか前から結構やっている。


 ・計画を立てる ← やってる。問題は計画の中身

 ・実行する ← 推進力の弱さ。時間が取れないことが問題

 ・チェックする ← あるがままの状態を受け入れられないと無意味


前から計画に甘いところがあって、
だから実行も適当になって、
結果が出ていないのによしとしてしまう、
そんな感じの自分がいました。


あるがままに自分をみて受け入れることが出来ないと
基本的には何も改善していかないと思います。


それが出来ない中でPDCAも糞もないのです。


実行に関しては正しくやろうとしてスピードが出ないところが問題なので、
とにかくやってみる。


やりながら修正する。


そんな考え方に変えて、



 「すぐやる」



ことにしてます。


完成度が低いというのは
それで置いておいて。


この2つが出来ればおのずと回っていくのですよね。


だからPDCAを回そうっていうのに違和感があって、


 ・ちゃんと計画立てる(頭使え)

 ・すぐ実行

 ・あるがままの状態を受け入れる


これが大事。
短サイクルでいろいろ回るようになってきたと思うので、
このまま突き進みます。


ちょっと前にPDCAサイクルを回すことを書いたのだけど、
全然回っていない。


仕事が忙しいことがあるのだけど、
前から計画が遂行できていない、という欠点があるし、
「これをやる」といったことが出来ていないことが多い。


いつもグズグズしている。


多少の失敗や欠点は置いておいて、
スピード感をもって取り組むように。


このブログを読み返すことで、
自分の出来ていなさが痛感されるので、
それはそれでこのブログ書いている意味あるかな、って思っています。


とにかく、自分がたどり着きたいところに行くためには、
まだまだ全然届いていない。


そこにたどり着くために、
毎日、コツコツと積み上げないといけない。


それができるように、
自分に厳しくなってみようと思う。


 


 

「PDCAサイクルを回す」ためにノートにPDCAを付けている。


付けているといろいろと思うこともあり、
ひょっとして、こういう感じなのかなぁと思う今日この頃。


■PLAN
 ・計画がもっとも重要
 ・いつまでに、何を達成するかを明確に記載する
 ・定量化できる要素で記載する
 ・振れ幅:届かない場合、達成し過ぎた場合の分析を最初から書いておく


■Do
 ・計画に基づき実行するだけなので、チェックボックスでも構わない


■Check
 ・チェックなので、Planで定めた定量的な基準に対して、どれぐらい差があるかを明確にするのみ


■Action
 ・ここが一番難しい定義
 ・Checkを受けて
  ①再Plan
   ・Planを継続する
   ・Planを見直して再度続ける
  ②止める
   ・その計画自体をやめる
  ③やり方を工夫する
   ・他の計画とマージしたり、そもそもの形を変える


もうちょっとちゃんとした構造化された定義にする必要があるのだけど、
大体そんな感じかと。


とにかく短サイクルでPDCAを回して、
成果が上がるようにつとめていきたい。
 

1月実績が惨憺たるものであったのだけど、
基本的に僕の人生は改善が弱いと感じている。


要するにPDCAサイクルの回り方が弱いのだ。


弱いというか回っていない。


だから回さないといけない。


PDCAサイクルを回すために必要なのは
自分にとって痛いことも真摯に受け止めることだとも思う。


自分に甘いから、ついつい安きに流れているだと思う。


10年前からきっちりとPDCAサイクルを回せていたら・・・


それができていなくて、同じようなレベルの取り組みを続けていて、
出血を続けているような人生なんだとも。


僕は通常の給料は確定申告レベルで、
社会で見ると勝ち組に見えると思うんですが、
自分が描いていたレベルとはかなり違うんです。


だからもっとできたことができていない・・・


もっともっとできていたハズなのに。


という思いがあり、
きっちりとこのブログで記載をはじめてみると、
思った以上に自分がヘボイということに気づいてしまったのです。


いろいろな分野で、いろいろな時間軸でPDCAを回し続ける、
これをノートに書き留めながら、取り組みを続けていきたいと思っています。


具体的には1か月にノート1冊。
月のPDCA、週のPDCA、日のPDCA、ある取り組みのPDCAなどを
明記していきます。


自分を変えるためのツールとして、具体的な実施方法として、
取り組んでみます。


自分のことでPDCAを回せないのに、仕事で回せるはずもないな・・・
とも思っています。

 

↑このページのトップヘ